WEB予約

2006
2月

ヘアークリアー谷塚店をオープン

本格ヘッドスパの導入
当時まだ珍しかった「ヘッドスパ」を導入。この頃は、世間に教育カリキュラムが存在しなかったため、業界最大手「ESTESSiMO」様と共同で独自カリキュラムを構築しての導入だった。ヘッドスパと同時にフェイシャルエステも行える画期的な店舗としてのオープンだった。

2004
3月

ヘアークリアー越谷2号店をオープン

越谷の地にヘアークリアー越谷2号店をオープン
2010年2月をもって営業終了

2003
7月

ヘアークリアー水戸店をオープン

ヘアークリアー水戸店を(有)サイトウより譲受オープン
翌年2004年3月をもって(株)マインドに水戸店を譲渡

2002
11月

ネパールチャリティーコンサート開催

産業のない貧しい国ネパール
「元気と笑顔いっぱいの子供たちが自立するために、何かお役に立てたら。」そんな小さな思いからチャリティーイベントを開催。2002年から2008年まで、毎年チャリティーイベントを開催し、集めた寄付金は全額、ネパールの子供たちに届けました。

10月

ネパールでのボランティアカットを開始

孤児院マイティネパールでのボランティアカットを開始
2002年よりネパールでのボランティア活動を開始。毎年300名以上の子供たちのいる孤児院マイティネパールへ足を運ばせて頂き、ボランティアカットを実施しています。

6月

拡張のため蕨店移転し新店をオープン

蕨店拡張のため店舗を移転し蕨新店をオープン
現在の店舗所在地へ移動

5月

ヘアークリアー草加店オープン

越谷店に続き、「ヘアークリアー」草加店を出店

ヘアークリアー草加店を出店。当時最大の51.4坪、2階建ての店舗だった。当時の店舗は現草加店のすぐ隣にあった。

2001
7月

資本金の増資

資本の増資を図るため200万円の増資をし資本金500万円となる

1999
5月

ヘアークリアー越谷店オープン

ブランド名を「ヘアークリアー」として初の出店を行う

過去の出店と比べ、約2倍の床面積となる38.7坪の店舗を越谷で出店する。越谷店より、ブランド名を「ヘアークリアー」に統一した。

1998
9月

ニューロード蕨店オープン

トータルビューティサロンの先駆け
ヘアーメニューの他にも、メイクやエステなどの施術が1店舗で行える蕨店をオープン。
「トータルビューティサロン」の先駆けだった。
なお、当時はまだ、「トータルビューティサロン」という言葉すら存在していなかった。

1994
7月

ニューロード西川口店オープン

ニューロード西川口店をオープン

店長独立のため1998年12月に西川口店を譲渡する

1993
2月

有限会社ニューロード設立

有限会社ニューロード設立

米国内においては事業拡大を続けていたファンタスティックサムだったが、日本国内では経営の成り立たないFC事業者(フランチャイジー)が続出し、縮少の一途を辿った。この頃、ファンタスティックサムは日本での事業継続が立ち行かない状況となっていた。

そのような状況を契機に、有限会社ニューロードを設立。店名も新たに「ニューロード」とした。

”なお、ファンタスティックサムの日本撤退が決まるまでの間、黒字経営を続けたFC事業者は塚原ただ一人であった。

1990
3月

ファンタスティックサム東大宮店オープン

東大宮の地に2店舗目を出店
店長独立のため翌年1991年11月に東大宮店を譲渡する

1988
6月

創業

ヘアークリアーの前身となるファンタスティックサム鳩ヶ谷店オープン

株式会社ニューロードの現会長である塚原が、鳩ヶ谷の地で17坪の美容室を創業。
当時、日本で珍しかったフランチャイズシステム(FC)を導入した美容室として開業しフランチャイザーは米国ファンタスティックサム。
ファンタスティックサムは米国内に約1800店舗のFC店舗を持つ一大チェーンであった。
鳩ヶ谷店は、当時まだ馴染みのない「ヘアケア」という概念を確立し、世代を問わず家族で通える美容室として人気を博した。

また、今では当たり前の存在である「コンシェルジェ」という職域も、塚原自らが実践・導入した美容室として美容界に大きな影響を与えた。