WEB予約

ホームケア
技術統括・毛髪理論講師の「荒木」がプロ視点でホームケアの方法を解説します。(不定期更新)

そもそも洗浄って?

洗浄の目的は頭部の不要物(汚れ)を除去することです。汚れを取り除き清潔に保つことで、健康な頭皮と毛髪を育成し保持することができます。

洗浄の目的は汚れを除去すること

洗浄は本来、頭部の不要物(汚れ)を除去するために行うものです。
不要物には、頭皮自ら発生する汚れと、外部からの汚れがあります。毛髪は新陳代謝がほとんど行われないので汚れ(老廃物)を発生させることは極めてわずかです。外部からの汚れにはホコリや排気ガスのほか、スタイリング剤やトリートメントなどのヘアケア剤、育毛剤も役目を終えて時間が経過することで酸化などによって変質し汚れに変化します。

洗浄がもたらす効果

洗浄によって清潔に頭皮・毛髪を保つことで、頭皮環境は良好に維持されます。健康な頭皮は健康な毛髪を育て、さらには頭部全体のアンチエイジングにつながります。また、洗浄時の頭皮への刺激はマッサージ効果となり、血液・リンパ液の循環を促進し、ストレス軽減などが期待できます。
haircare02

汚れを落としつつ、有用物を取りすぎない洗浄

髪や頭皮のダメージの原因は、有用物の取りすぎによるものが大きいため、汚れを落としつつ有用物を残す洗浄が重要です。

洗浄によるダメージは想像以上

毛髪が受けるダメージは様々にありますが、洗浄によるダメージは小さくありません。洗浄時に頭皮や毛髪の健康維持に必要な有用物(皮脂、セラミド、キューティクルなど)を少なからず洗い流しているからです。
有用物とは頭皮・毛髪に由来する汗や皮脂といった「天然の保湿成分」やセラミド、キューティクルをいいます。これらは、さまざまな刺激から守るバリア機能を持っています。
本来必要な有用物を失った毛髪は、バリア機能が低下し、そこにドライヤーの熱やヘアカラー、パーマなどによる刺激が加わると、パサつき、枝毛、切れ毛といったダメージを急速に進行させます。同様に、有用物を失った頭皮もバリア機能が低下し、脱毛、フケといったトラブルにつながります。

適切な洗浄がヘアスタイルの幅を広げる

洗浄時のダメージを軽減すれば、健常毛の育成・維持に大きく寄与します。健常毛のメリットは多く、ツヤやコシが出るのはもちろん、パーマやカラーなどの強い刺激にも耐性をはっきします。また健常毛はパーマの形状再現力が高く、カラーの色味をよく表現し色持ちも良いです。
毛髪は損傷が進めがカットし、健常毛だけを残すこともできますが、それではスタイルが制限されてしまいます。
故に、適切な洗浄が欠かせないのです。

汚れを落として有用物を取りすぎない方法

「汚れを落とすこと」と「有用物を残すこと」は、相反しているようですが、シャンプー剤を使い分ける技術を取り入れ、適応性を高めることで双方の効果を引き出せます。使い分けの基準として、頭皮コンディションに応じた使い分けや、汚れに応じた使い分け、目的に応じた使い分けを紹介します。

3つのシャンプー

様々あるシャンプーですが、当サロンでは洗浄成分の性質と配合量を考慮し、次の3つを基準にしたシャンプーをお勧めしています。

1. 洗浄成分がやや控えめのシャンプー

洗浄成分をブレンドするなどして洗浄成分の比率を抑えたタイプ。酸化された皮脂などのしつこい汚れを落とします。3つの中では使い勝手が最も一般のシャンプーに近く、汚れがスピーディーに落ち、泡立ちが良いので扱いやすいです。注意点は、他の2つより洗浄成分が多めに配合されており、毛髪への浸透性が高いのでストレスをかけるという点です。

  • 酸化した皮脂などの汚れを落とす
  • スピーディに汚れを落とす
  • 泡立ちが良い
  • 毛髪への浸透性が高い

※洗浄成分をブレンドするなどして洗浄成分の比率を抑えたもの。

2. 洗浄成分が控えめ・天然由来の洗浄成分を配合したシャンプー

海藻など天然の洗浄成分を配合することで、洗浄成分の比率を抑えたタイプ。性質は1.に近いですがよりマイルドです。

  • 海藻など天然成分を配合することで洗浄成分を抑えたもの

※1.よりマイルド。

3. 天然由来の洗浄成分が主体のシャンプー

洗浄機能のほとんどを海藻などの天然成分としたタイプ。3つの中では最も頭皮や毛髪が持つ有用物を残します。毛髪への浸透性が低く、低刺激ですすぎがしやすいのも特徴です。汚れを除去する働きが合成洗浄剤と異なり、海藻のヌメリ成分などで絡めとるため多少時間がかかりますが、潤滑性を生かしてマッサージを兼ねた洗浄に適しています。天然成分なので自然環境に優しいのも特徴です。また、髪にボリュームを出すことができます。

  • 洗浄成分のほとんどが海藻などの天然成分
  • 頭皮や毛髪が持つ有用物を残す
  • 毛髪内部への浸透性が低い
  • 低刺激ですすぎがしやすい、髪にボリュームが出る

※汚れ落ちは海藻のヌメリ成分等で絡めとるので多少時間が掛かる。潤滑性ありマッサージ効果もあり。